ウェットヘア!濡れ感の出せるスタイリング剤

ウェットヘア!濡れ感の出せるスタイリング剤

髪が濡れてるようなウェットな質感を出したいと思っている人もいるのではないでしょうか?

ウェットな質感、濡れ感を出すにはジェル、グロスワックス、オイルが効果的です。

なぜなら、ジェル、グロスワックス、オイルには髪をみずみずしい質感にするうるおい成分が多く配合されているからです。

この記事では、ウェットヘア、濡れ髪のつくれる濡れ感の出せるスタイリング剤を紹介します。

 

 



 

 


ウェットヘア!濡れ感の出せるスタイリング剤


 

 

かっちり固める濡れ髪をつくれるジェル
 

 

1位 ニゼル ドレシア ジェリーH/ミルボン

キャンデリラロウとスクワランの2種類のヴェールが強い反射光を生み出し、輝く濡れ髪をつくれるジェルです。ハードなセット力でかっちりした動きをつけますが、ワックスのように操作性がよいのも特徴です。

 

 

2位 ロレッタ ハードゼリー/ビューティエクスペリエンス

ハードなセット力で輝きのある濡れ髪をつくれるジェルです。ウォーターベースなのでベタつきが少ないです。ダマスクローズオイル、ハチミツエキス、ローヤルゼリーエキスなどの特徴成分を配合しています。

 

 

3位 ミニーレ ウイウイ デザインジャム 10/ホーユー

ウォータリーな質感とグロスの輝きのある濡れ髪をつくれるジェルです。硬く立つジェル成分と接着するジェル成分が、ハードなセット力を生み出してしっかりと固定します。

 

 

 

 

しっとりまとまりのある濡れ髪をつくれるグロスワックス
 

 

1位 デューサー アクアグロスワックス 1/ナンバースリー

自然なまとまりでみずみずしい濡れ髪をつくれるグロスワックスです。マカダミアナッツエステルを配合し髪になじみやすく、重さやベタつきも少ないのでナチュラルに仕上げられます。

 

 

2位 ウェーボ デザインキューブ ソフトグロス/デミ コスメティクス

ソフトなセット力とグロス効果でまとまりのある濡れ髪をつくれるグロスワックスです。スウィートパール成分を配合し、甘いベール感を与えフェミニンな印象を演出します。

 

 

3位 ピース グロスワックス/アリミノ

みずみずしいツヤを与えながら濡れ髪をつくれるグロスワックスです。オイルインワックスなのでベタつきにくく、伸びの良いツヤと毛先のまとまり感をつくる効果があります。

 

 

 

 

さらりとしたツヤやかな濡れ髪をつくれるオイル
 

 

1位 N. ポリッシュオイル/ナプラ

シアバターが配合された天然由来成分のみでできたヘアオイルで、軽やかな動きで濡れ髪をつくれるヘアオイルです。アウトバスオイルの保湿オイルとしてうるおいを補給することもできます。

 

 

2位 モロッカンオイルトリートメント/LUXU

アルガンオイルを配合した高保湿オイルで、ツヤやかな濡れ髪をつくれるヘアオイルです。アルガンオイルは、必須脂肪酸や抗酸化成分、ビタミンEに富んでおり、うるおいに満ちた髪へ導くことができます。

 

 

3位 プロミルオイル/ムコタ

セサミンオイルをベースに天然由来のオイルを配合していて、ツヤのある濡れ髪をつくれるヘアオイルです。ウエットなみずみずしいしっとりした質感で、髪にうるおいを与えます。

 

 


 

 


ウェットヘア、濡れ髪スタイルのつくり方


 

 

1、ドライヤーで乾かします
シャンプーした後、ドライヤーで乾かします。基本的には完全に乾かしてからスタイリング剤ををつけますが、ヘアスタイルによっては少し濡れている状態でつけることもあります。

 ↓

2、スタイリング剤を手のひらに伸ばします
髪が乾いたらスタイリング剤をつけます。ヘアスタイルによって使う量は異なりますが、スタイリング剤を適量取り、手のひらにまんべんなく伸ばします。

 ↓

3、スタイリング剤を毛髪につけて濡れ感を出します
スタイリング剤を手のひらにしっかり伸ばしたら、毛先から中間に擦り込むようにつけていきます。はじめはヘアスタイルのフォルムは気にせず質感を重視してつけていきます。

 ↓

4、フォルムを調整して仕上げます
質感がある程度整ったらフォルムのバランスを微調整します。フォルムのバランスは、トップ、サイド、バックのボリュームを調整して仕上げます。

 

 
ウェットヘア、濡れ髪スタイルをつくるときは、髪の毛先から中間にスタイリング剤をつけていくことがポイントです。

ヘアスタイルによっては髪の根元付近にスタイリング剤をつけることもありますが、髪の根元付近にスタイリング剤をつけるとボリューム感がなくなったり、頭皮につくと脂っぽく不衛生な印象になってしまったりするからです。

また、ウェットヘア、濡れ髪スタイルにはさまざまなバリエーションがあり、つくるヘアスタイルによって使うスタイリング剤も変わってきます。

ベリーショートやオールバックなどかっちり固める濡れ髪スタイルをつくるにはジェルが効果的です。

ジェルは水・増粘剤・セットポリマーが主要成分です。

ショートやボブなどしっとりまとまりのある濡れ髪スタイルをつくるにはグロスワックスが効果的です。

グロスワックスは水・固形油分・液状油分・界面活性剤が主要成分です。

ミディアムやロングなどさらりとしたツヤやかな濡れ髪スタイルをつくるにはオイルが効果的です。

オイルは液状油分が主要成分です。

 

 


 

 


まとめ


 

 

ウェットな質感、濡れ感を出すにはジェル、グロスワックス、オイルが効果的です。

ジェルはかっちり固める濡れ髪を、グロスワックスはしっとりまとまりのある濡れ髪を、オイルはさらりとしたツヤやかな濡れ髪をつくれます。

濡れ感の出せるスタイリング剤を使って、ウェットヘア、濡れ髪スタイルのアレンジをしてみてはいかがでしょうか。

 



 


 

関連記事

 

 

 


 

このページの先頭へ⬆︎

 

Q – for you beauty salon – > ブログ > ヘアスタイリング剤 > ウェットヘア!濡れ感の出せるスタイリング剤