シャンプーの目的は?界面活性剤とは?

シャンプーの目的は?界面活性剤とは?

皆さんはシャンプーを選ぶときに、成分をチェックしたりしますか?
シャンプーにはいろんな成分が入っていますが、その中でも界面活性剤は仕上がりに大きな影響を与えています。
質の良い界面活性剤のシャンプーを使っていれば、髪の仕上がりは良くなりますが、質の悪い界面活性剤を使えば、いくらトリートメントをしても髪や頭皮はいい状態になりません。

 

 



 

 


シャンプーの目的は?


 

 

シャンプーの目的は、髪と頭皮の汚れを落とすことです。汚れの8割はシャワーの湯洗いで落とすことができますが、残り2割は油汚れで、湯洗いで落とすことはできません。そこで重要なのが「界面活性剤」です。
水と油を混ぜようとしても、分離してしまいますよね?そこに界面活性剤を入れることによって混ぜ合わせることができるのです。シャンプーにも界面活性剤が含まれており、水と油をなじませ、汚れを落とすことができるのです。

 

 


 

 


界面活性剤とは?


 

 

界面とは、異なる物質の境の面のことで、界面活性剤は、界面に作用して、性質を変化させる物質のことを言います。
水になじみやすい「親水性」と、油になじみやすい「親油性」の両方を持っていて、水と油のように混ざり合わないものを、混ぜ合わせることができ、汚れを落とす洗浄の働きをします。

 

 


 

 


界面活性剤の種類


 

 
高級アルコール系(石油系)

洗浄力 ★★★★★
安全性 ★★

洗浄力が高く、泡立ちの良い活性剤です。原価が安いため、一般的に幅広く使用されています。

ラウリル硫酸Na
ラウレス硫酸Na
ポリオキシエチレンラウリルエーテル硫酸塩

 

ミルボン ディーセスノイドゥーエ ウィローリュクスシャンプー 200ml

 

 
グルタミン酸系

洗浄力 ★★
安全性 ★★★★★

グルタミン酸というアミノ酸をもとにつくられていて、頭皮に対してやさしい活性剤です。

ココイルグルタミン酸Na
ココイルグルタミン酸TEA
ラウロイルグルタミン酸Na

 

BRY(ブライ) エクラーレ ヘアソープ 250ml

 

 
アラニン系

洗浄力 ★★★★
安全性 ★★★★

アラニンというアミノ酸をもとにつくられていて、洗浄力が高く安全性のある活性剤です。

ラウロイルアラニンNa
ラウロイルメチルアラニンNa
ココイルメチルアラニンNa

 

コタ アイケア シャンプーY 800mL

 

 
タウリン系

洗浄力 ★★★★
安全性 ★★★★★

タウリンからつくられていて、洗浄力が高く安全性のあるので、デリケート毛にも有効です。

ココイルメチルタウリンNa
ラウロイルメチルタウリンNa
ミリストイルメチルタウリンNa

 

ルベル イオ クレンジング リラックスメント シャンプー 200ml

 

 
タンパク質系

洗浄力 ★★
安全性 ★★★★★

毛髪のタンパク質に類似しており、親和性があるので、コンディショニング性が高いです。

ココイル加水分解コラーゲンNa
ラウロイルシルクアミノ酸Na
ラウロイルシルクアミノ酸K

 

インプライム シルキースムースシャンプー 280ml

 

 
スルホコハク酸系

洗浄力 ★★★★
安全性 ★★

泡の持続力に優れていて、他の活性剤と組み合わせると気泡力が増します。高級アルコールを原料としているが、刺激性はやや弱くなっています。

スルホコハク酸ラウリル2Na
スルホコハクラウレス2Na
スルホコハク酸(C12-14)パレス-2Na

 

イプランパフェシャンプー260ml

 

 
アルカリ石けん系

洗浄力 ★★★★★
安全性 ★

洗浄力が高く生分解性も高いです。phが高いため頭皮への安全性は低いです。

オレイン酸Na
脂肪酸Na
脂肪酸K

 

プレミアム ヒト乳酸菌配合 石鹸シャンプー ブラックペイント

 

 
酸性石けん系

洗浄力 ★★★★
安全性 ★★

適度な洗浄力があり、弱酸性なので刺激が緩和されています。合成の油を原料としており、高級アルコール系に類似しています。

ラウレス‐3酢酸Na
ラウレス‐4酢酸Na
ラウレス-4カルボン酸Na

 

カウブランド 無添加シャンプー さらさら ポンプ付 500ml

 

 
ベタイン系

洗浄力 ★★★★
安全性 ★★★★★

きめ細やい泡立ちで安全性が高いため、ベビーシャンプーなどにも使用されています。

ラウラミドプロピルベタイン
ココアン酢酸Na
コカミドプロピルベタイン

 

フィヨーレ Fプロテクトシャンプー ベーシック 300ml

 

 


 

 


まとめ


 

 

シャンプーの目的は、髪や頭皮の油汚れを落とすことです。油汚れを落とすには、水と油をなじませる界面活性剤が必要です。界面活性剤にはいくつか種類があり、シャンプーの良し悪しに大きく影響します。界面活性剤を見れば、そのシャンプーの本気度がわかります。さっそく自宅のシャンプーボトルの裏の成分表をチェックしてみましょう。

 



 


 

関連記事

 

 


 

このページの先頭へ⬆︎

 

Q – for you beauty salon – > ブログ > シャンプー > シャンプーの目的は?界面活性剤とは?