ノンシリコンシャンプーとは? メリット・デメリット

ノンシリコンシャンプーとは?
メリット・デメリット

ノンシリコンシャンプーとは、シリコンの入ってないシャンプーのことです。
みなさんが今、使っているシャンプーはノンシリコンシャンプーですか?
漠然と「ノンシリコン=良い」、「シリコン=悪い」といったイメージを持っている人も多いのではないでしょうか。
しかし、シャンプーを選ぶ上で、ノンシリコンなのかだけが重要なことではないのです。
シャンプーを選らぶためには何が大切なのか説明していきます。

 

 



 

 


そもそもシリコンって何?


 

 

シリコンとは、ケイ素と酸素と有機基からなる有機化合物でのことで、化学変化を起こさず人体への安全性が高いため、様々な分野で幅広く活用されています。
毛髪に対してはコーティング効果が高く、毛髪の表面を整えることができるので、手触りがよくなったり、ツヤを出すことができます。

 

 


 

 


シャンプーに使われるシリコンの種類


 

 

シリコンは大まかに4種類に分類されます。

– シリコン –
分子量の大きさにより、さらさらしたり、しっとりとしたと質感になります。
ジメチコン、ジメチコノールなど。

– 水溶性シリコン –
洗髪時のきしみの緩和し、乾いたあとの髪のパサつきを抑えます。
ジメチコンコポリオール、ポリシリコーン13など。

– 揮発性シリコン –
他の成分と混ざりやすくするために使用され、揮発しやすいです。
シクロメチコン、シクロペンタシロキサンなど。

– カチオン化シリコン –
吸着性とコンディション効果が高く、滑らかさ、柔かさを与えます。
アモジメチコン、アミノプロピルジメチコンなど。

 

 


 

 


ノンシリコンシャンプーのメリットは?


 

 

実はノンシリコンだからというメリットはほぼありません。
ノンシリコンシャンプーで良いものはたくさんありますが、それはノンシリコンだからではありません。

シリコン入りのシャンプーを使うと、
「毛穴に詰まるから頭皮に悪い」
「カラー剤やパーマ剤の浸透を邪魔する」
「キューティクルを剥がしてしまう」
という噂がありますが、これらの噂に科学的根拠、医学的根拠はありません。
大量のシリコンをつけるのであれば別ですが、シャンプーに入ってる程度のシリコンで、毛髪や頭皮に悪影響が出ることはほぼありません。

 

 


 

 


ノンシリコンシャンプーのデメリットは?


 

 

シャンプーには水と油をなじませる界面活性剤(洗浄成分)が入っています。この界面活性剤の種類により洗浄力が大きく変わります。
良い界面活性剤のシャンプーであればノンシリコンでも問題はありませんが、悪い界面活性剤のシャンプーでノンシリコンだと毛髪の表面が整わず手触りが悪くなります。

 

 


 

 


まとめ


 

 

ノンシリコンシャンプーとは、シリコンの入ってないシャンプーのことです。しかし、シャンプーを選ぶ上で、ノンシリコンなのかどうかということはあまり重要ではありません。シャンプーは、それよりも界面活性剤(洗浄成分)の方が重要なのです。良い界面活性剤のシャンプーであれば、シリコンで毛髪を守る必要がないからです。

これからシャンプーを選ぶ際、ボトルの裏の成分表を見てみてください。成分をしっかりチェックして綺麗な髪を手に入れましょう!

 



 


 

関連記事

 

 


 

このページの先頭へ⬆︎

 

Q – for you beauty salon – > ブログ > シャンプー > ノンシリコンシャンプーとは? メリット・デメリット