ヘアカラーした後に効果的なおすすめシャンプー!

ヘアカラーをした後、どのようなシャンプーを使えばよいのか、わからない人もいるのではないでしょうか?

ヘアカラーをした後は、ヘマチン配合シャンプー、炭酸シャンプー、染料配合シャンプーが効果的です。

これらのシャンプーは、ヘアカラーのダメージをケアしたり、色持ちをよくすることができるからです。

この記事では、ヘアカラーした後に効果的なおすすめシャンプーを紹介します。

 

 



 


ヘアカラーした後に効果的なおすすめシャンプー!


 

ヘマチン配合シャンプー

ヘマチンはヘアカラーの主なダメージの原因である、アルカリや活性酸素を除去する効果があります。

ヘマチンはタンパク質と結合しやすいため、髪内部に浸透しやすくアルカリを除去することができます。

また、ヘマチンには強い抗酸化作用があるため、活性酸素を中和することができます。

とくに、ヘアカラーした後の1〜2週間使い続けると効果的です。

おすすめのヘマチン配合シャンプー↓

ヘアカラーした髪をケアするヘマチンが配合されたシャンプーです。ハーブエキスも配合されているので、髪や頭皮にやさしいです。

 


 

炭酸シャンプー

炭酸はヘアカラーの主なダメージの原因である、アルカリや活性酸素を減少させる効果があります。

炭酸の持つ弱酸性の性質がアルカリや活性酸素を中和できるからです。

そのため、髪や毛穴についた汚れや化学残留物を効果的に減少させることができます。

ただし、洗浄力が強いので、毎日使えるものではありません。

おすすめの炭酸シャンプー↓

弾力のある濃密な泡の炭酸シャンプーです。洗浄補助成分のカキタンニンがニオイ物質をキャッチし、高濃度炭酸が皮脂や残留薬剤を浮き上がらせて除去します。

 


 

染料配合のシャンプー 

染料配合のシャンプーは、洗いながら色素を補う効果があります。

染料配合のシャンプーの染料は、髪の傷んだ部分に色が付きやすい性質です。

そのため、ヘアカラーした色が落ちてきた髪に使うと、色素を補うことができます。

ただし、色が残るとヘアカラーの妨げになるので、ヘアカラーする数週間前には使用を控えたほうがいいです。

おすすめの染料配合のシャンプー↓

髪のコンディションを整えながら色素を補う染料配合のシャンプーです。染料は爪は染まりにくい絶妙なバランスで成分を配合しています。

 


 

 


ヘアカラーした髪に効果的な成分




ヘマチン
ヘマチンとは、牛や豚など動物の血液が原料で、その血液を化学処理して作られる成分です。
ヘアカラーのアルカリや活性酸素を除去し、髪のダメージを補修する働きがあります。


炭酸
炭酸とは、水に二酸化炭素を溶かして生じる弱い酸です。
ヘアカラーのアルカリや活性酸素など残留薬剤を中和し、髪や毛穴をきれいに洗浄します。


クエン酸
クエン酸とは、フルーツの酸味成分で、pH調整剤として多くの製品に配合されています。
ヘアカラーでアルカリに傾いたpHを調整します。

 


 

 


ヘアカラーのダメージの原因



ヘアカラーのダメージの主な原因は、アルカリと活性酸素です。

アルカリは髪を膨潤させる働きがあるため髪表面のダメージに関係し、活性酸素はメラニン色素を分解する働きがあるため髪内部のダメージに関係しています。

ヘアカラー剤は1剤と2剤に分かれていて、1剤は染料とアルカリ剤、2剤は過酸化水素水を主成分として作られています。

1剤と2剤を混ぜると化学反応して発色し活性酸素が発生します。

1剤に含まれるアルカリと、1剤と2剤を混ぜることによって発生する活性酸素が、ヘアカラーのダメージの主な原因です。

そのためヘアカラーした髪をケアするには、まず髪に残ったアルカリと活性酸素を除去することが大切です。

ただし、アルカリと活性酸素は一度にすべて除去することはできません。

ヘマチン配合シャンプーや炭酸シャンプーを使用して、時間をかけて少しづつ除去するのが理想的です。

 


 

 


まとめ



ヘアカラーをした後は、ヘマチン配合シャンプー、炭酸シャンプー、染料配合シャンプーが効果的です。

ヘマチン配合シャンプー、炭酸シャンプーは、ヘアカラーの主なダメージの原因である、アルカリや活性酸素を減らす効果があり、染料配合のシャンプーは洗いながら色素を補う効果があるからです。

 


タイトルとURLをコピーしました