ヘアカラーした後に効果的なおすすめシャンプー

ヘアカラーをした後どのようなシャンプーを使えばよいのか、わからない人もいるのではないでしょうか?

ヘアカラーをした後は、ヘマチン配合シャンプー、炭酸シャンプー、染料配合シャンプーが効果的です。

ヘマチン配合シャンプーや炭酸シャンプーはヘアカラーの主なダメージの原因であるアルカリと活性酸素を除去してくれ、染料配合シャンプーは色持ちを長く保つために色素を補ってくれるからです。

この記事では、ヘアカラーした後に効果的なおすすめシャンプーを紹介します。

 

 



 


ヘアカラーした髪に効果的なおすすめシャンプー


 

 

ヘマチン配合シャンプー
 

 
1位 アマトラ クゥオ ヘアバス es/アマトラ

 

フルボ酸とヘマチンが配合されたシャンプーです。残留アルカリを除去しヘアカラーを長持ちさせます。シャンプーと同時にダメージを補修できる洗浄剤で、高いトリートメント効果もあります。

 

 
2位 ケアテクトHBカラーシャンプー/ナプラ

 

ヒアルロン酸やハーブエキスにヘマチンが配合されたシャンプーです。カラー後の髪と頭皮をやさしくケアし、美しいヘアカラーを持続させます。ハリ・コシタイプ(V)としっとりタイプ(S)があります。

 

 
3位 R-21 シャンプー/サンコール

 

21種類の植物美容エキスと3種類の発酵成分にヘマチンが配合されたシャンプーです。ヘアカラー後の残留アルカリを穏やかに除去し、ハリ・コシ感のある美しい髪へと導きます。

 

 


 

 

炭酸シャンプー
 

 
1位 プラーミア クリアスパフォーム/ミルボン

 

弾力のある濃密な泡の炭酸シャンプーです。洗浄補助成分のカキタンニンがニオイ物質をキャッチし、高濃度炭酸が皮脂や残留薬剤を浮き上がらせて除去します。ベタつきやニオイのない、クリアな頭皮へ導きます。

 

 
2位 インプライム ソーダシャンプー/ナプラ

 

ホイップ状の泡の炭酸シャンプーです。カラーの残留アルカリを炭酸が分解し、キューティクルを整えダメージをケアして髪のキシつきを防ぎます。オーガニックハーブエキス配合でやさしくいたわりながら髪を保護します。

 

 
3位 ミュリアム 薬用スカルプ炭酸クレンジング/ナンバースリー

 

高濃度の炭酸シャンプーです。高濃度炭酸の泡が皮脂や角質、残留薬剤など毛穴の奥の汚れまで浮き上がらせて除去します。ローヤルゼリーや植物由来の成分をふんだんに配合し、頭皮への負担をやわらげます。

 

 


 

 

染料配合シャンプー
 

 
1位 N. カラーシャンプー/ナプラ

 

色落ちをおだやかにしヘアカラーを長く保つための染料配合のシャンプーです。色素の流出を抑え、天然由来の保湿成分配合で、つややかでまとまりの良い髪へと導きます。パープル、シルバー、ピンクの3色を選択できます。

 

 
2位 ソマルカ カラーシャンプー/ホーユー
 

 

髪のコンディションを整えながらカラーチャージする染料配合のシャンプーです。染料は爪は染まりにくい絶妙なバランスで成分を配合しています。パープル、アッシュ、ピンク、ブラウンのラインナップです。

 

 
3位 カラタス シャンプー/ロータスコスメティックス
 

 

フルボ酸やハチミツ成分で潤いをプラスした染料配合のシャンプーです。ドライヤーやヘアアイロンの熱に反応してダメージヘアを補修保護し補修保護しさらさらで艶やかな髪へと導きます。パープル、ピンク、シルバー、ブラックのラインナップです。

 

 

 
ヘアカラーした髪に効果的な成分

 

– ヘマチン –
ヘマチンとは、牛や豚など動物の血液が原料で、その血液を化学処理して作られる成分です。髪のダメージを補修する働きがあり、アルカリや活性酸素の除去ができるため、ヘアカラーした髪に効果的です。

– 炭酸 –
炭酸とは、水に二酸化炭素を溶かして生じる弱い酸です。頭皮の毛穴まできれいに洗浄し、アルカリや活性酸素を含む残留薬剤除去ができるため、ヘアカラーした髪に効果的です。

– クエン酸 –
フルーツの酸味成分で、pH調整剤として多くの製品に配合されています。

 

 


 

 


ヘアカラーのダメージの原因とは?


 

ヘアカラーのダメージの主な原因は、アルカリと活性酸素です。アルカリは髪を膨潤させる働きがあるため髪表面のダメージに関係し、活性酸素はメラニン色素を分解する働きがあるため髪内部のダメージに関係しています。

ヘアカラー剤は1剤と2剤に分かれていて、1剤は染料とアルカリ剤、2剤は過酸化水素水を主成分として作られています。

1剤と2剤を混ぜると化学反応して発色し活性酸素が発生します。

1剤に含まれるアルカリと、1剤と2剤を混ぜることによって発生する活性酸素が、ヘアカラーのダメージの主な原因です。

そのためヘアカラーした髪をケアするには、まずアルカリと活性酸素を除去することが大切です。

アルカリと活性酸素は一度にすべて除去することはできません。

ヘマチン配合シャンプーや炭酸シャンプーを使用して、時間をかけて少しづつ除去するのが理想的です。

 


 

 


ヘアカラーした後に効果的なヘアケアアイテム


 

 
UVカットスプレー

 

ヘアカラーの色落ちの原因の一つとして紫外線があります。紫外線から髪を守ることによりに色持ちに効果的です。

 

 
洗い流さないトリートメント

 

洗い流さないトリートメントの中には、擬似成分が髪の表層を集中ケアしてくれるものがあり、キューティクルを整えて染料の流出を防いでくれます。

 

 
ポイントコンシーラー

 

ポイントコンシーラーは、地肌汚れを気にせずスピーディに着色できるので、ヘアカラーしてもすぐ根元の白髪が気になってしまう人に効果的です。

 

 


 

 


まとめ


 

ヘアカラーをした後は、ヘマチン配合シャンプー、炭酸シャンプー、染料配合シャンプーが効果的です。

ヘアカラーの主なダメージのアルカリと活性酸素を除去するには、ヘマチン配合シャンプーと炭酸シャンプーが効果的です。

また、色持ちを長く保つためには色素を補ってくれる染料配合シャンプーが効果的です。

髪が傷んでしまうと、色の染まりや色持ちも悪くなるので、ヘアカラーした後のシャンプーはとても大切です。

紹介したシャンプーを参考に、自分に合ったシャンプーを探してみてはいかがでしょうか。

 


タイトルとURLをコピーしました