ヘアカラーとは? ヘアマニキュアとは?

ヘアカラーとは? ヘアマニキュアとは?

髪の色を変えるのってワクワクしますよね。髪の色で印象は大きく変わるので、ヘアスタイルでとても大切なポイントです。毛髪を染める薬剤にはさまざまなタイプがあり、メリット、デメリットも異なります。それぞれの染毛の仕組みや特徴について、わかりやすく説明します。

 

 



 

 


ヘアカラーとは?


 

 

ヘアカラーは、ヘアカラー剤に含まれるアルカリ剤の力によりに毛髪のキューティクルが開き毛髪内部に浸透します。毛髪内部に浸透したヘアカラー剤は、メラニン色素を脱色すると同時に染料を発色します。毛髪内部で発色するため色持ちが良いです。ただし、アルカリや活性酸素などによるダメージも伴います。
ヘアカラーはアルカリカラーまたは酸化染毛剤とも呼ばれます。

 

 


 

 


ヘアマニュキアとは?


 

 

ヘアマニュキアは、マイナスの電荷を持つため、毛髪のプラス部分とイオン結合し着色します。毛髪内部には浸透せず、毛髪の表面のみ染着します。ヘアカラーではできないビビットな色味が表現できます。脱色する力はないので、黒髪に使用しても変化はなく、脱色された髪か白髪の染色に効果を発揮します。毛髪表面に染色するため色持ちはヘアカラーより短いです。
ヘアマニュキアは酸性染毛料とも呼ばれます。

 

 


 

 


塩基性染毛料とは?


 

 

塩基性染毛料は、プラスの電荷を持つため、毛髪のマイナス部分とイオン結合し着色します。毛髪内部には浸透せず、毛髪の表面のみ染着します。脱色する力はないので、黒髪に使用しても変化はなく、脱色された髪に効果を発揮します。ヘアカラーではできないビビットな色味が表現できます。ヘアマニュキアとは違い白髪は染まりません。髪表面に染色するため色持ちはヘアカラーより短いです。

 

 


 

 


ブリーチとは?


 

 
<ヘアカラーしてない毛髪>

<ヘアカラーしてる毛髪>

ブリーチは、メラニン色素を脱色すると同時にヘアカラーで染めた染料を脱染します。脱色と脱染の強い力でダメージになりやすいので、使い方には注意が必要です。
ブリーチは脱色脱染剤とも呼ばれます。

 

 


 

 


まとめ


 

 

ヘアカラーは、毛髪内部で脱色と発色を同時にするため色持ちが良いです。白髪も染まります。アルカリや活性酸素のダメージがあります。
ヘアマニキュアは、毛髪表面のみに染着するためヘアカラーより色持ちは短いです。脱色効果がないため黒髪には無効です。白髪は染まります。ダメージはありません。
それぞれの特性を理解して、自分の目的に合った染め方を選ぶことが大切です。

 



 


 

このページの先頭へ⬆︎

 

Q – for you beauty salon – > ブログ > ヘアカラー > ヘアカラーとは? ヘアマニキュアとは?