白髪染めシャンプー・白髪染めトリートメント

白髪染めシャンプー・白髪染めトリートメント

自宅でも気軽にできる白髪染めシャンプー・白髪染めトリートメント。

洗ったり、いたわったりするだけで、白髪染めできるなら手間もかからずいいですよね。

ただ、一体どのようなものなのか、よくわかってない人もいるんではないでしょうか?

白髪染めシャンプー・白髪染めトリートメントは、塩基性染料という染料がベースに作られています。

塩基性染料は、髪を傷めずに染めることのできる染料ですが、髪のダメージ部分にしか着色しません。

また、使用頻度が多いと、薬剤が浸透しにくくなる恐れもあります。

この記事では、白髪染めシャンプー・白髪染めトリートメントついて詳しく説明します。

 

 



 

 


白髪染めシャンプー・白髪染めトリートメント


 

 
白髪染めシャンプー・白髪染めトリートメントの染料は、おもに塩基性染料という染料がベースに作られています。
 

塩基性染料


 
塩基性染料は、2001年の化粧品規制緩和により、配合することができるようになった染料です。

塩基性染料は、プラスの電荷を持つため、毛髪のマイナスの電荷とイオン結合して着色します。

ダメージのない健康な白髪にはマイナスの電荷が少ないのであまり着色しませんが、傷んでダメージを受けた白髪にはマイナスの電荷が多くなるのでしっかり着色します。


 
毛髪は、根元より毛先の方がダメージを受けてマイナスの電荷が多くなっているので、根元より毛先の方が着色します。

そのため、毛先の白髪はしっかりに染まりますが、根元の白髪はあまり染まりません。

白髪染めシャンプー・白髪染めトリートメントの染料には、HC染料という染料も配合されています。
 

HC染料


 

HC染料のHCとはHair Colorのことで、塩基性染料の助剤として使用されています。

塩基性染料と同じように、2001年の化粧品規制緩和により、配合することができるようになった染料です。

HC染料は、分子径が小さいため毛髪のキューティクル間に浸透して着色することができます。

プラスやマイナスの電荷を持たずイオン結合ができないため色持ちは短いです。

HC染料だけでは着色の効果は少ないですが、塩基性染料の助剤として使用されることで、色の幅や着色の力などを補う働きをしています。

塩基性染料やHC染料は、ダメージがないため髪を傷めずに染めることができます。

また、トリートメントに含まれるカチオン界面活性剤との相性が良いため、白髪染めシャンプーより白髪染めトリートメントの方が染まりが良いです。

 

白髪染めシャンプー・白髪染めトリートメントを繰り返した毛髪


 
メーカーは白髪染めシャンプー・白髪染めトリートメントを繰り返し使用することを推奨していますが、頻繁に使用するとリスクも伴います。

白髪染めシャンプー・白髪染めトリートメントを繰り返すと、着色した染料により毛髪がコーティングされていきます。

これが何層にも重なると、カラー剤やパーマ剤などの薬剤が浸透しにくくなります。

そうすると、ヘアカラーが染まりにくくなったり、パーマがかかりにくくなったりしてしまいます。

そのため、普段から定期的にヘアカラーをしている人や、パーマをかけている人は使用頻度の注意が必要です。

 

 


 

 


白髪染めシャンプー・白髪染めトリートメントの用途


 

 
⚪︎ 白髪の少ない人が白髪を目立たないように白髪ぼかしとして使う


 
白髪の少ない人が白髪を目立たないように白髪染めシャンプー・白髪染めトリートメントを使うと効果的です。ちらついてる白髪がぼかされて、白髪が少なくなった印象になります。

 

 
× 白髪の多い人が根元の白髪をしっかり染めようとして使う


 
白髪の多い人が根元の白髪を白髪染めシャンプー・白髪染めトリートメント染めようとしても根元の白髪はあまり染まりません。中間から毛先の髪の色は濃くなるので、逆に、根元の白髪が目立ちやすくなってしまいます。

 

 


 

 


人気白髪染めシャンプー


 

 
1位 利尻カラーシャンプー ブラック/ピュール

4種類の塩基性染料と2種類のHC染料に加え、シコン、クチナシ、ウコン、アナトーなどの天然由来植物色素の配合された白髪染めシャンプーです。

 

 
2位 サロンドプロ ナチュラルグレイッシュ/ダリヤ

ハリ・コシを出す海藻エキスや、うるおいを与えるローヤルゼリーエキスなどのトリートメント成分が配合された白髪染めシャンプーです。

 

 
3位 グローリン・ワンクロス /ソシア

きめ細やかな泡がヘアパックのように髪を包み込む白髪染めシャンプーです。ニオイや刺激もありません。

 

 


 

 


人気白髪染めトリートメント


 

 
1位 綺和美 Root Vanish ヘアカラートリートメント/綺和美

22種類の天然植物由来成分を配合した、髪に優しく潤いとツヤを与える白髪染めトリートメントです。無添加・ノンシリーコン。

 

 
2位 アンファー スカルプD ボーテ ヘアカラートリートメント/アンファー

髪をいたわりながらしっとり自然な色あいに仕上げる白髪染めトリートメントです。ジアミン・酸化染料フリー。

 

 
3位 レフィーネ ヘッドスパトリートメント/レフィーネ

10種類の天然成分と16種類の頭皮・毛髪ケア成分がいたわり育む白髪染めトリートメントです。

 

 


 

 


まとめ


 

 

白髪染めシャンプー・白髪染めトリートメントは、髪を傷めずに染められる染料が配合されたシャンプー・トリートメントです。

配合されている染料のベースは、塩基性染料という染料でダメージになった白髪には染まりますが、ダメージのない健康な白髪にはあまり染まりません。

そのため、白髪をぼかすには効果的ですが、白髪をしっかり染めるにはあまり効果的ではありません。

 



 


 

関連記事

 

 

 


 

このページの先頭へ⬆︎

 

Q – for you beauty salon – > ブログ > シャンプー > 白髪染めシャンプー・白髪染めトリートメント