髪の毛の生え変わり

髪の毛の生え変わり

髪の毛は1日にどれくらい抜けるの?

抜けた髪の毛はまた生えてくるの?

などと、髪の毛の生え変わりについて知りたいと思っている人もいるのではないでしょうか。

日本人の髪の毛は平均10万本で、1日に50本〜100本抜けて生え変わっています。

この生え変わりにはヘアサイクルという周期が関係しています。

この記事では、髪の毛の生え変わりについてわかりやすく説明します。

 

 



 

 


髪の毛の生え変わり


 

 

 

髪の毛は毎日生え変わっています。

髪の毛の生え変わりにはヘアサイクルという周期が関係しています。

ヘアサイクルとは、成長期、退行期、休止期からなる生え変わりの周期のことです。

成長期とは、新しい髪の毛が生えて成長する時期のことです。

退化期とは、成長する活動を停止する時期のことです。

休止期とは、古い髪の毛が抜ける時期のことです。

このヘアサイクルにそって、新しい髪の毛が生える新生と、古い髪の毛が抜ける自然脱毛を繰り返しています。

日本人の髪の毛は平均10万本で、1日に50本〜100本抜けて生え変わっています。

ただしヘアサイクルが乱れると、1日に200本以上抜けることもあり、薄毛や頭皮トラブルの原因になります。

ヘアサイクルの乱れは、生活習慣や健康状態の変化、または加齢などによるものと考えられています。

 

 
髪の毛の成長

髪の毛の成長には、成長速度と成長期のの長さが関係しています。

成長速度とは、髪の毛の伸びる速さのことです。

髪の毛の伸びる速さは1ヶ月で1cmくらいですが、もっと伸びる人もいれば伸びない人もいます。

成長期の長さとは、ヘアサイクルのなかの成長期の長さのことです。

成長期の長さは、男性で3〜5年で、女性で4〜6年です。

この男女の差は、髪の毛の成長を促す女性ホルモンと、髪の毛の成長を妨げる男性ホルモンが影響しているからです。

 

 

 


 

 


髪の毛の発生


 

 

 

髪の毛は、表皮の外側に出ている毛幹部と、表皮の内側に埋まっている毛根部からなっています。

毛根部の下部は膨らんでいて、髪の毛の成長に重要な毛球を包み込んでいます。

髪の毛は、妊娠3ヶ月までに毛穴ができ、妊娠4〜5ヶ月にはほぼ全身にぜい毛が発生し、妊娠8ヶ月には産毛に生え変わります。

誕生後5〜6ヶ月で硬毛に生え変わり、大人の髪の毛と同じ状態になります。

しかし、幼児期の髪の毛はまだ細く、思春期を迎える頃からしっかりとした硬毛になります。

髪の毛の原料はタンパク質で、ビタミン・ミネラルにより成長が促されます。

タンパク質やビタミン・ミネラルなどの栄養分は食物から摂取されます。

摂取された栄養分は、ホルモンの刺激を受けて細胞分裂を繰り返しながら髪の毛に変化していきます。

 

 
髪の原料となるタンパク質を生成するアミノ酸

アラニン、アスパラギン酸、アルギニン、シスチン、グルタミン酸、グリシン、ヒスチジン、ヒドロキシプリン、イソロイシン、ロイシン、リジン、メチオニン、フエニルアラニン、プロリン、セリン、スレオニン、トリプトフアン、チロシン、パリン

 

 

 


 

 


髪の健康をサポートするヘアケアアイテム


 

 
薬用シャンプー

皮膚や毛髪に対して優しい洗浄成分で老廃物を除去することにより、うるおいのある健やかな状態にします。

 

 
スキャルプローション

血行を促進する有効成分が、薄毛、フケ、かゆみ、を予防をし、頭皮環境を整えます。

 

 
サプリメント

毛髪を構成するタンパク質や、髪を丈夫にするタウリンなどを配合し、毛髪や頭皮にとって大切な栄養素を補います。

 

 


 

 


まとめ


 

 

髪の毛の生え変わりにはヘアサイクルという周期が関係しています。

ヘアサイクルとは、成長期、退行期、休止期からなる生え変わりの周期のことです。

ヘアサイクルにそって、新しい髪の毛が生える新生と、古い髪の毛が抜ける自然脱毛を繰り返しています。

 



 


 

このページの先頭へ⬆︎

 

Q – for you beauty salon – > ブログ > ヘアケア > 髪の毛の生え変わり