アッシュカラーの色落ち過程を検証!

アッシュカラーの色落ちは早いと言われますが、それは本当か知ってますか?

日にちが経過するにつれて、髪色がどのように変化していくか、わからない人もいるのではないでしょうか。

そこで今回は、実際にアッシュカラーに染めて、色落ち過程を60日間検証してみました。

この記事では、アッシュカラーの色落ち過程について、美容師の観点からわかりやすく説明します。

 

 



 


アッシュカラーの色落ち過程を検証!



15レベルにブリーチした髪にヘアカラーでアッシュカラーに染めて、1日1回シャンプーをして、色落ち過程を60日間検証しました。

⬇︎

アッシュカラー

⬇︎

3日後

ほんの少し色が薄くなりました。

⬇︎

 7日後

さらに色が薄くなり淡いグレーになりました。

⬇︎

15日後

少し黄ばみが出てきてグレージュのような色になりました。

⬇︎

30日後

さらに黄ばみが出てきてアッシュベージュのような色になりました。

⬇︎

60日後

色はかなり薄くなりましたが、染めた色が完全には落ちませんでした。

 


色落ち過程の比較

染めてからはじめの30日間は色落ちによる髪色の変化がかなりありましたが、30日後以降は色落ちによる髪色の変化は緩やかでした。

7日後には淡いグレーになり、15日後には少し黄色がかったグレージュのような色になり、30日後にはさらに黄色がかったアッシュベージュのような色になりました。

30日後から60日後は色落ちによる髪色の変化は緩やかで、60日経っても染めた色が完全には落ちませんでした。

 

※注意
今回の検証はウィッグでした結果であり、人の髪の場合は、髪質や髪のコンディションにより色落ち具合が変わります。そのため、今回の検証結果は、一つの参考材料としてヘアカラーする際に役立てていただけると幸いです。

 


 

 


アッシュカラーとは?



アッシュカラーとは、灰色に青みが加わった色です。

ヘアカラーのアッシュカラーは、とくに青みが多めに配合されています。

日本人の髪には特有の赤みがあるため、その赤みを打ち消すためです。

なので、赤みの少ない髪に使用すると、青がかった色や緑がかった色になることもあります。

クールな印象や透明感のある質感に仕上がるのが特徴です。

 


 

 


アッシュカラーを長持ちさせる方法!



アッシュカラーを長持ちさせるには、アッシュ系やシルバー系の染料が配合されたカラーシャンプーを使用するのが効果的です。

アッシュ系やシルバー系の染料が配合されたカラーシャンプーであれば、ヘアカラーのアッシュカラーに近い色素を補うことができるからです。

また、カラーシャンプーは洗うだけで色素を補うことができるので、自宅でも簡単に染め直すことができます。

さらに、カラーシャンプーの染料は髪にほとんどダメージを与えないため、繰り返し使用することもできます。

ただし、カラーシャンプーの色素が髪に残っていると、ヘアカラーをするときの妨げになることがあるので、ヘアカラーをする数週間前には使用を控えたほうがいいです。

おすすめのカラーシャンプー↓

 


 

 


まとめ



アッシュカラーの色落ち過程を60日間検証した場合、染めてからはじめの30日間は色落ちによる髪色の変化がかなりありましたが、30日後以降は色落ちによる髪色の変化は緩やかでした。

アッシュカラーを長持ちさせるには、アッシュ系やシルバー系の染料が配合されたカラーシャンプーを使用して色素を補うのが効果的です。

 


タイトルとURLをコピーしました