ヘアカラー

ヘアカラー

高発色ヘアカラー剤 tintbar(ティントバー)を検証

ビューティーエクスペリエンスから発売された高発色ヘアカラー剤「ティントバー」。ウルトラマリン、ジェイドグリーン、タイガーリリー、ベリーベリーピンク、ロイヤルパープルを実際に使って検証してみました。この記事では、ティントバーで染めた髪色を紹介します。
ヘアカラー

白髪染めとは?

白髪染めとは、白髪を染めるヘアカラーのことです。おしゃれ染めは明度が高いヘアカラーのことを言い、白髪染めは明度の低いヘアカラーのことを言います。また、白髪染めにはヘアカラーのほかに、ヘアマニキュアや草木染め(ヘナ)もあります。この記事では、白髪染めについて、わかりやすく説明します。
ヘアカラー

白髪染めを明るい髪色にする方法

白髪染めを明るい髪色にしたいと思っていませんか?白髪染めを明るい髪色にするには、黒髪の部分を脱色してから染めるをする必要があります。なぜならば、同じ色で白髪染めをしても、黒髪の部分と白髪の部分では違う髪色に染まるからです。この記事では、白髪染めを明るい髪色にする方法について、わかりやすく説明します。
ヘアカラー

ヘアカラーした髪色を変える方法

ヘアカラーした髪色に飽きてしまったり、ヘアカラーした髪色が気に入らなかったりすると、髪色を変えたいと思いますよね。ヘアカラーした髪色を変えるには、ヘアカラーした染料を脱染してから、再度へアカラーをする必要があります。この記事では、ヘアカラーした髪色を変える方法について、わかりやすく説明します。
ヘアカラー

髪の染め方の種類

髪の染め方にはどんな種類があって何が違うのか、詳しく知らない人もいるのではないでしょうか?髪の染め方の種類には、ヘアカラー、ヘアマニキュア、ブリーチ、塩基性染料、草木染めなどがあり、メリット、デメリットもそれぞれ異なります。この記事では、髪の染め方の種類について、わかりやすく説明します。
ヘアカラー

ブリーチのOX(過酸化水素水)の違いによる髪色の変化

ブリーチを使うとき、何パーセントのOXを使えばいいのか、何倍のOXで調合すればいいのか、わからない人もいるんではないでしょうか。そこで今回は、実際にブリーチした毛束の写真を使って、ブリーチのOXの違いによる髪色の変化についてわかりやすく説明します。
シャンプー

白髪染めシャンプー・白髪染めトリートメント

白髪染めシャンプー・白髪染めトリートメントついて詳しく説明します。白髪染めシャンプー・白髪染めトリートメントとは、染料の入ったシャンプー・トリートメントで、おもに塩基性染料という染料がベースに作られています。塩基性染料は、毛髪を傷めずに着色できることできますが、毛髪のダメージを受けている部分にしか着色できません。
ヘアカラー

ブリーチの放置時間と回数による髪色の変化

実際にブリーチして検証しました。ブリーチして放置時間10分、20分、30分、40分、50分、1時間、2時間、3時間、4時間、5時間、10時間と、ブリーチ30分間放置を1回、2回、3回、4回、5回、6回、7回、8回を比較しました。ブリーチした毛束の写真を使って、わかりやすく説明します。
ヘアカラー

ヘアカラーとは? ヘアマニキュアとは?

ヘアカラーとヘアマニキュア、一体何が違うのか、詳しく知らない人もいるのではないでしょうか?ヘアカラーは脱色と発色を同時にしますが、ヘアマニキュアは脱色する力はありません。この記事では、ヘアカラー、ヘアマニキュアの特徴について、わかりやすく説明します。あわせて、人気の市販ヘアカラー、ヘアマニキュアも紹介します。
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました