髪のパサつきを治すトリートメント!

髪のパサつきを治すトリートメントを知ってますか?

どんなトリートメントがいいのか、わからない人もいるのではないでしょうか。

髪のパサつきを治すトリートメントは、保湿効果と補修効果の高いものが効果的です。

なぜならば、髪がパサつく原因は、乾燥やダメージの影響が大きいからです。

この記事では、髪のパサつきを治すトリートメントについて、美容師の観点からわかりやすく説明します。

 

 



 


髪のパサつきを治すトリートメント!



髪のパサつきを治すトリートメントは、保湿効果と補修効果の高いものが効果的です。

なぜならば、髪がパサつく原因は、乾燥やダメージの影響が大きいからです。

乾燥した髪にはヒアルロン酸やグリセリンなどの保湿成分が有効で、ダメージした髪にはコラーゲンやセラミドなどの補修成分が有効です。

これらの保湿成分や補修成分を浸透させるには、アウトバストリートメントがおすすめです。

アウトバストリートメントは洗い流さないので、トリートメントの効力を長い時間保つことができるからです。

おすすめのアウトバストリートメント↓

2種のコラーゲンや5種のセラミドが配合された、保湿効果と補修効果の高いアウトバストリートメントです。ヒアルロン酸よりも高い保湿成分のリピジュアも配合されています。また、18MEA類似体(脂肪酸)が、ダメージ損傷やキューティクルの剥がれを抑えます。

 

アウトバストリートメントをつけても髪のパサつきが治らない場合は、髪を乾かしたあとにヘアオイルを併用するのが効果的です。

ヘアオイルは、髪表面の保湿や補修に優れているので、乾いた髪に使っても効力を十分発揮できるからです。

ただし、ヘアオイルをつけぎるとベタついてしまうことがあるので、つける量にはには注意が必要です。

 

※髪のパサつきに有効なおもな成分

「ヒアルロン酸」
水分を保持する力が強いです。
「グリセリン」
水分を引き寄せて保持するのを助けます。
「ケラチン」
ダメージを修復し髪を強化します。
「コラーゲン」
強度と弾力を改善します。
「セラミド」
キューティクルを修復して水分を保持します。
「ジメチコン」
薄い保護膜を形成します。

 


 

 


髪がパサつく原因




乾燥
冬季の湿度不足や、夏の強い日差しにより、乾燥してパサつきます。

化学処理
カラーやパーマなどの化学処理により、ダメージを受けてパサつきます。

熱処理
アイロンやドライヤーなどの熱処理により、ダメージを受けてパサつきます。

ヘアケア
洗浄力の強いシャンプーや、過度なブラッシングなど、誤ったヘアケアにより、ダメージを受けてパサつきます。

栄養不足
タンパク質やミネラルなどの栄養が不足することによりパサつきます。

加齢
加齢による水分保持能力の低下よりパサつきます。

 

髪は乾燥して水分が不足すると、柔軟性を維持できなくなり、硬くなってパサつきます。

髪の柔軟性を維持するには、タンパク質が水分を吸収することが必要だからです。

また、髪はダメージを受けると、髪を覆っているキューティクルが損傷してパサつきます。

キューティクルが損傷すると、亀裂が入ったり、剥がれたりするからです。

 


 

 


まとめ



髪のパサつきを治すトリートメントは、保湿効果と補修効果の高いものが効果的です。

なぜならば、髪がパサつく原因は、乾燥やダメージの影響が大きいからです。

保湿成分や補修成分を浸透させるには、アウトバストリートメントがおすすめです。

 


タイトルとURLをコピーしました