フケをなくす方法!

フケをなくす方法を知ってますか?

一体何をすればいいのか、わからない人もいるのではないでしょうか。

フケをなくす方法は、フケのタイプによって異なります。

乾性のパラパラしたフケをなくすには保湿することが効果的で、脂性のベトベトしたフケをなくすには不要な皮脂を脱脂することが効果的です。

この記事では、フケをなくす方法について、美容師の観点からわかりやすく説明します。

 

目次
▶︎ フケをなくす方法!
▶︎ フケとは?
▶︎ まとめ

 



 


フケをなくす方法!



フケをなくす方法は、フケのタイプによって異なります。

乾性のパラパラしたフケをなくすには保湿することが効果的で、脂性のベトベトしたフケをなくすには不要な皮脂を脱脂することが効果的です。


乾性フケをなくす方法

乾性フケをなくすには、頭皮を保湿することが効果的です。

頭皮を保湿するには、洗浄力のやさしいシャンプーで洗って、スカルプケアでうるおいを与えることが有効です。

おすすめのスカルプケア↓

水分を保持する能力の高いグリセリンや、水分の損失を減少させるパンテノールなど、保湿効果のある成分が配合されています。

 

脂性フケをなくす方法

脂性フケをなくすには、頭皮の不要な皮脂を脱脂することが効果的です。

頭皮の不要な皮脂を脱脂するには、脱脂力のあるシャンプーで皮脂を取り除いて、スカルプケアで皮脂の分泌を抑制することが有効です。

おすすめのスカルプケア↓

皮脂の分泌を抑制することが期待できるジンクピリチオンや、皮脂の過剰な蓄積を減少させることが期待できるサリチル酸などが配合されています。

 

乾燥フケ、脂性フケの両方に共通する対策

フケをなくすには生活習慣を整えたり、ストレスを溜めないことも大切です。

食生活や睡眠時間などの生活習慣が乱れると、皮膚の健康に悪影響を及ぼし、フケの増加につながることがあるからです。

また、ストレスを溜めると、ホルモンバランスに影響を与え、皮脂の分泌量が不安定になり、フケの原因になることもあります。

 

※フケをなくすのに有効なおもな成分

「ジンクピリチオン」
頭皮の皮脂の過剰な生成を抑え、フケの原因となる微生物の増殖を抑制します。
「サリチル酸」
頭皮の古い皮膚細胞を除去し、フケの蓄積を減らします。
「ティーツリーオイル」
自然な抗真菌・抗菌効果があり、頭皮を清潔に保ちます。
「ケトコナゾール」
強力な抗真菌剤で、特に真菌が原因であるフケに効果的です。
「コールタール」
皮膚細胞の成長速度を減少させ、フケの形成を抑制します。

 


 

 


フケとは?



フケとは、古くなった角質細胞が剥がれ落ちたもので、新陳代謝によって誰にでも発生します。

角質細胞が生まれてからはがれ落ちるまで約1ヶ月かかり、そのサイクルをターンオーバーと言います。

通常フケは目に見えないほどの大きさですが、ターンオーバーが乱れてしまうと、未熟なフケが剥がれ、目に見えるフケになってしまうのです。

フケにはパラパラした乾性フケと、ベトベトした脂性フケがあります。

乾性フケは、空気の乾燥や過剰な洗浄などにより、頭皮が乾燥して発生します。

脂性フケは、ホルモンバランスの変化や不適切なヘアケアなどにより、頭皮の皮脂が過剰に分泌されて発生します。

また、フケの多い人の頭皮には、遺伝的な要因で原因菌が多く存在していることもあります。

 


 

 


まとめ



フケをなくす方法は、フケのタイプによって異なります。

乾性のパラパラしたフケをなくすには保湿することが効果的で、脂性のベトベトしたフケをなくすには不要な皮脂を脱脂することが効果的です。

ただし、自分でケアしてもフケがなくならず症状がひどい場合は、皮膚科を受診してみたほうがいいかもしれません。

 


タイトルとURLをコピーしました