髪の毛の静電気の治し方!

髪の毛の静電気の治し方を知ってますか?

一体何をすればいいのか、わからない人もいるのではないでしょうか。

結論から言いますと、髪の毛の静電気を治すには、ヘアオイルやイオンブラシを使うのがおすすめです。

ヘアオイルやイオンブラシは、保湿することや中和することにより、静電気を治すことができるからです。

この記事では、髪の毛の静電気の治し方について、美容師の観点からわかりやすく説明します。

 

 



 


髪の毛の静電気の治し方!



髪の毛の静電気を治すには、ヘアオイルやイオンブラシを使うのが効果的です。

ヘアオイルやイオンブラシは、保湿することや中和することにより、静電気を治すことができるからです。


ヘアオイル

ヘアオイルは保湿効果があるので、髪の毛の乾燥を防ぎ静電気を抑えることができます。また薄い保護膜を形成し髪の表面を滑らかにするので、摩擦が減り静電気が発生しにくくなります。

おすすめのヘアオイル↓

 

イオンブラシ

イオンブラシは陰イオンを放出するので、髪の毛の静電気を中和して抑えることができます。髪の毛の静電気は陽イオンが蓄積すると発生するので、陰イオンで中和することで静電気を減らすことができます。

おすすめのイオンブラシ↓

 

ヘアオイルやイオンブラシのほかに、マイナスイオンドライヤーで乾かしたり、加湿器で室内を保湿することも、髪の毛の静電気を抑えるのに有効です。

ただし、マイナスイオンドライヤーや加湿器は持ち運びに難があり、どこでも使えるものではありません。

それらに比べ、ヘアオイルやイオンブラシはコンパクトなので持ち運びがしやすく、外出先で使えるのも大きな利点です。

 

※衣類用の静電気防止スプレーには注意
衣類用の静電気防止スプレーは、髪の健康に悪影響を与える化学物質が含まれていることがあるので、髪には使わないほうがいいです。

 


 

 


髪の毛に静電気が発生する理由



髪の毛に静電気が発生する理由は、おもに摩擦によるものです。

髪の毛をクシやブラシでとかしたりするときに摩擦が起こり、それによって電子が移動し静電気が発生します。

髪の毛に発生した静電気は、湿度が低いと放電されにくくなります。

そのため、乾燥した季節になると静電気が帯電しやすくなります。

地域によっても多少異なりますが、日本の場合は12月、1月、2月が湿度が低いので、静電気が帯電しやすいです。

髪の毛に静電気が帯電すると、パチパチと音を立てたり、立ち上がったりします。

静電気自体が髪の毛を直接的に傷めることはありませんが、静電気が発生する過程で髪の毛が傷むことはあります。

 


 

 


まとめ



髪の毛の静電気を治すには、ヘアオイルやイオンブラシを使うのがおすすめです。

ヘアオイルやイオンブラシは、保湿することや中和することにより静電気を治す効果があるからです。

また、コンパクトなので持ち運びがしやすく、外出先で使えるのも大きな利点です。

 


タイトルとURLをコピーしました